メニュー閉じる

  • 岡崎市の税理士・相続・会社設立 エスペランサ
  • 企業のお客様
  • 個人のお客様
  • 料金
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • セミナー案内
  • ブログ
  • 採用情報
  • よくある質問
  • リンク集
メニュー

改元の影響|税理士法人エスペランサ岡崎

 
岡崎市の税理士・相続・会社設立 エスペランサ

お問い合わせ Contact

0120-099-154

0120-352-110

スタッフブログ

改元の影響

2019年4月24日

スタッフブログ

2019年5月1日から、新元号が「令和」となることが発表されました。

 

改元に伴い、システム変更など様々な業界に影響がでることが予測されます。

私共の税理士業界においても、会計ソフト等で平成から令和への変更に伴うバージョンアップ(消費増税含む)が必要となり、顧問先様へも順次ご案内して参りました。

 

また、PCのソフトだけでなく、納税時に使用する納付書においても改元の影響があります。

 

具体的には、企業が従業員から預かって納付する源泉所得税の納付書です。

1枚の納付書の中に元号・年を記入する箇所が3か所あり、全て同じ内容ではないため現場で若干の混乱が起きていました。

 

①年度記入欄 ⇒ 通常4月~3月をひとつの年度としてみるため、今年は年度の途中で平成から令和にかわりますが、統一で平成31年度として記入

②給与支払日 ⇒ 5月以降の支給から01年として記入

③納税等の区分 ⇒ 5月以降の支給分から01年として記入

 

また、納付書そのものに既に平成と印字がありますが、その部分は補正の必要もなく、01年を誤って31年として提出しても受け付けると、国税庁より発表されています。

 

まだ気が付いていないだけで、実務において改元の影響は大きくでてきそうな予感がしています・・・。

ページトップ

税理士法人エスぺランサは、名古屋、岡崎、豊川に事務所を構え、地域密着の税務サポートを行っております。

エスペランサ 名古屋オフィス
エスペランサ 豊川オフィス
相続ラウンジ
相続ラウンジfacebook

税理士法人エスペランサ

〒444-0837 愛知県岡崎市柱4丁目5番地14
電話:0564-55-2700
FAX:0564-55-2702

0120-099-154

0120-352-110

お問い合わせ

お問い合わせ